バッグ抜去+脂肪注入法バストアップ

豊胸手術にもさまざまな方法がありますが、それぞれに、リスクの多い方法もあります。

 

中でも、「バッグ式豊胸術」は、長期間バストアップが可能ですが、人工物を体内に入れるため拒絶反応があったり、「バッグが固くなり形が崩れた」「マンモグラフィー検査で破裂してしまった」などなど、デメリットが多く報告されています。

 

そして、一番の悩みは、「体内に異物が入っているという不安」だという声をよく聞きます。

 

しかしながら、バッグを挿入してせっかく豊かなバストを手に入れたのに、小さなバストにはもう戻りたくない!!と、不満や不安を抱えながらも、バッグ抜去(除去)出来ないでいる方が多いのが、現状なのです。

 

そこで、そんな不安を抱えている方にオススメなのが、池田ゆう子クリニックの「バッグ抜去(除去)+脂肪注入法バストアップ」プラン。

 

まず、乳輪に沿って1センチ前後切開し、バッグを抜去(除去)します。バッグの種類によって方法は異なりますが、わずか20〜30分程の手術です。

 

その後すぐに、脂肪注入による豊胸手術に取りかかります。つまり、バストが小さくなってしまった姿を見ることなく、豊かなバストのママです。

 

わずらわしいバッグを抜去して脂肪を注入するこの方法なら、異物感もなく、形・感触・感覚など自然な感じになりますし、検診なども安心して受診することができますね。